So-net無料ブログ作成
男子テニス ブログトップ

錦織圭バルセロナ・オープン・サバデルで優勝 [男子テニス]

男子テニスツアーのATPワールド・ツアー500大会である
バルセロナ・オープン・サバデル(スペイン/バルセロナ、クレー)
は27日、シングルス決勝戦が行われ、
第4シードの錦織圭(日本)はS・ヒラルド(コロンビア)に対し
6-2, 6-2で今大会初優勝、今季2勝目を果たした。

この試合、錦織はファーストサービスが入った時75パーセントの
確率でポイントを獲得し、ヒラルドのサービスゲームを
5度ブレークに成功し1時間13分で錦織が勝利した。
第1セットは錦織が序盤に1度ブレークを許すもその他は
完璧な展開で6ゲーム連続で獲得し、第1セットを先取した。
第2セットではその後も安定したプレーを続けヒラルドに
流れを与える事無く試合は進む。

第1ゲームで錦織が早くもブレークに成功する。
第2ゲームでは錦織がサービスキープ。
第3ゲームではヒラルドが8ゲームぶりにゲームを獲得する。
この試合2度目のサービスキープとなる。

その後、錦織はサービスゲームを全てキープし、
第5ゲームではヒラルドのサービスゲームを
再びブレークに成功し、最後は錦織がバックハンドをクロスに
放ったボールをヒラルドがネットにかけ、
ゲームカウント6-2でゲームセットとなった。

SnapCrab_NoName_2014-4-29_13-41-15_No-00.png




nice!(0) 

錦織圭バルセロナ・オープン・サバデルで決勝へ [男子テニス]

男子テニスツアーのATPワールド・ツアー500大会である
バルセロナ・オープン・サバデル(スペイン/バルセロナ、クレー)は26日、
シングルス準決勝が行われ、第4シードの錦織圭(日本)が
第9シードのE・ガルビス(ラトビア)を6-2, 6-4のストレートで下し、
初の決勝進出を決めた。

両者は今回が初めての対戦だった。

この試合、第1セットで錦織はファーストサービスが入った時に
92パーセントと高い確率でポイントを
獲得。第2セットでは、長いラリーから粘り強いプレーを見せた。

今大会シード勢は1回戦免除のため、
錦織は2回戦からの登場だった。
2回戦はR・バウティスタ=アグ(スペイン)、
3回戦はA・ゴルベフ(カザフスタン)、
準々決勝では元世界9位で第12シードのM・チリッチ
(クロアチア)を下し、今回準決勝でガルビスとの対戦となった。

世界ランク17位の錦織は、同大会の2012年に
F・ベルダスコ(スペイン)との準決勝進出をかけた対戦で、
試合途中に腰の痛みを訴えて棄権したベスト8が
最高成績となっているため、今回は初の決勝進出となった。

錦織は、決勝でR・ナダル(スペイン)を破った
第6シードのN・アルマグロ(スペイン)とS・ヒラルド(コロンビア)
の勝者と対戦する。

一方、敗れた25歳のガルビスは、2月のオープン13決勝で、
JW・ツォンガ(フランス)を破り今季初タイトルを
獲得したと同時に、キャリア通算5勝目をあげていた。



nice!(0) 
男子テニス ブログトップ
芸能ニュースMAX