So-net無料ブログ作成
検索選択
女流棋士 ブログトップ

竹俣紅アイドルのような女流棋士 [女流棋士]

“べにぴー”こと竹俣紅ちゃんは中学生でプロデビューした女
流棋士として注目されているが、彼女のバラエティ番組での
トークからは底知れない才能を感じる。
しかも女流棋士のPVなどを次々と作っており、
将棋界のPRにも大きく貢献しているようだ。

小学生の時にプロを破ったこともあり、
中学生でプロデビューした女流棋士の竹俣紅ちゃん。
現在は16歳なのだが、そのアイドル性のあるルックスから
さん付けよりもやはり“紅ちゃん”と呼ぶのが似合う。

7月10日の
『アウト×デラックスSP 真夏の未解決事件!アウトビリバボー』
(フジテレビ系)で、先輩女流棋士の竹部さゆりさんが
「将棋界は男性が多いので、大してキレイでなくても
アイドル的存在になれたが、紅ちゃんは違います」
と彼女とのエピソードを明かした。
竹部さんは、その出来事で竹俣紅ちゃんが可愛さだけでな
頭が切れることを思い知ることとなる。

昨年の8月に、ファンサービスイベントとして
“女流棋士 竹部さゆり 竹俣紅 コラボサイン会”を行った。
当時は竹部さんが35歳で3段、紅ちゃんは15歳で2級だった。
1枚の色紙にまず竹部さんが1文字、それに関連した文字を
紅ちゃんが1文字入れて言葉を完成させるというものを行うことに。
たとえば竹部さんが「努」と書けば、それから連想して
紅ちゃんが「力」とつなげて「努力」となる。

ところが、竹部さんは1文字目から「殺」と書いてきた。
それを見てファンたちもざわついたが、
竹部さんは15歳の紅ちゃんを試そうとしたのだ。
紅ちゃんも最初は驚いたが、少し考えると
「菌」の字を書いて「殺菌」とした。
その動じない切り返しに、ファンから拍手が起きた。

竹部さゆりさんも竹俣紅ちゃんに好感を持ったのだが、
「その後、二度とコラボサイン会は行われていない」
ことが気になっている。
その悩みを直接ぶつけようとスタジオに竹俣紅ちゃんを
呼んだのだが、MCのマツコ・デラックスも
「うわっ、かわいい! こんな子がいるの今!?」と
目を丸くするほどの容姿と
アイドル性を持っていた。

SnapCrab_NoName_2014-7-17_0-4-47_No-00.png

SnapCrab_NoName_2014-7-17_0-5-39_No-00.png




nice!(0) 
共通テーマ:芸能
女流棋士 ブログトップ
芸能ニュースMAX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。